ちょっとエッチな女性のセクシーなナンパの仕方

banner

様々な出会えるサイトがある

2014-12-09

昨今では、一概には出会い系といえない、婚活サイトや恋人募集サイトといったものが存在しています。

一般的な出会い系サイトとは、内容がかなり違うようです。

婚活サイトは、いわゆるサクラがあまりいないということが特徴ですが、そのかわり、男女とも有料です。

高額ではありませんが、安くもないので、本気で結婚を考えている方以外は、使わないほうが無難かもしれません。

それにくらべると、恋人募集サイトは、ほとんどが無料、もしくは多少のお金がかかるポイント制をとっているところが多く、それがメリットといえるでしょう。

しかし、無料なので、それを悪用した業者や、肉体関係を求めてくる人がいることも事実です。

興味のある方は、その点に気をつけて利用してください。

婚活サイトも恋人募集サイトも、それぞれメリットとデメリットがありますが、より確実に相手を見つけられるのは婚活サイトだといえます。

しかし、なかには、恋人探しに必死だと思われたくない女性もいるので、そういう方は、婚活サイトを避けて、恋人募集サイト、もしくは一般的な出会い系を利用している女性もいるようです。

もちろん、一般的な出会い系サイトで恋人探しもできるでしょう。

しかし、かなり幅広い目的を持った人々がいるので、自分と同じ目的で利用している相手を探すのは難しいかもしれません。

そういった点では、上記の専門的なサイトに軍配が上がります。

メリット、デメリットなどを考慮して、自分の目的に合った出会い系サイトを利用するのが一番ですね。

納得できないやっかいな請求

それは去年の出来事でした。

突然私の家に裁判所からの通知が届いたのです。

その内容は、『ある出会い系サイトの利用料金が未納なので、至急35000円を支払ってください』とその業者が私に対し、訴訟を起こしましたという内容のものでした。

確かにその通知には、裁判所の名称や印鑑があり、担当裁判官○○とも記載されていたのですが、そもそも私自身、出会い系サイトには一切興味がなく、利用するどころかサイトを見たりした事も一度もありません。

よく考えてみたところ、これは流行の架空請求で、この送られてきた裁判所の通知そのものが、偽造されたものなのだろうと判断しました。

ですので、警察に届出をする事もせず、放置したままにしていたので、すっかり忘れていました。

それから何ヶ月か経過したある日の事、また裁判所を名乗った通知が届きました。

それは、例の架空業者が求める35000円の支払いに関しての確定判決通知だったのです。

これにはさすがに気が気ではいられなかったので、記載されていた裁判所に電話をして確認をとってみたところ、間違いありませんとの事でした。

もし裁判所に掛け合ったとしても、拉致があかないと思いましたので、私は消費者センターへ相談をしてみたのです。

すると、その金額を支払うという事は、法的に確定しているものなので、このまま支払わない限り、給与などの差し押さえがあるでしょうとの返答でした。

私はこの結果に、どうも納得しませんでしたが、さほど大金ではなかったので、別で送られてきた振込み先へと支払ったのです。

これは小額訴訟手続きというものを悪用した、非常にやっかいな方法です。

実際にも、誰かが誰かを、何も理由なく『お金を払って下さい』と訴訟をするのはたやすい事なのです。

普通は、裁判で支払う根拠を説明する事が不可能ですから、誰もそういう事はしません。

ですが、この事例のように、訴えられているのに無視し続けて裁判所へ出頭しないままだったり、事前に『支払う必要がありません』という理由を書いた答弁書を提出しておかないと、裁判所としては裁判を無視した側を敗訴と決めます。

こうなると、小額訴訟の場合、後々気づいたとしても、もう上告は無理なので、その判決に従わざるをえなくなってしまいます。

このような例は、裁判所の通知が偽造されたものであるケースもありますから、まずはそれが本物かどうかを確認する必要があります。

下の方に記載されている電話番号へ電話をかけると、相手に繋がる事もあるので、自分で何か行動に出るより、消費者センターに相談してみる方が確実だと思います。

関連記事

危険を回避するのは自分自身しかない!

出会い系サイトで知り合った相手にレイプされた上に殺される、という事件がある時期相次ぎました。

それでマスコミが騒ぎ出して、模倣犯も増え、出会い系サイトのイメージも悪くなってしまいました。

事件が起こったことは事実ですが、出会い系サイトを利用している人の人数からすれば氷山の一角に過ぎません。

なのに、出会い系サイトを利用している人が全員悪人のような報道をされてしまい、一時は本当に利用者が減ったこともありました。

それで出会い系サイトの運営側は登録の際のチェックを厳しくしたり、身分証の提示を求めたりして、再犯の防止に貢献してきました。

今の自由な出会い系サイトがあるのは、この運営側の努力の賜物です。

しかし今でも完全に犯罪がなくなったわけではありません。

未成年が登録していることもありますし、恐喝まがいの行為もあります。

サクラもいれば、悪徳業者もいます。

これを避けていくのはもうユーザー自身で保身するしかありません。

自分でできることと言えば、まず登録する出会い系サイト選びです。

大手で認知度の高いところが安心でしょう。

初めての方は無料の出会い系サイトから始めるといいと思います。

また、明らかに男性の気を引くメールを向こうから送ってきたのであれば、それはサクラです。

このように、トラブルを避ける方法もしっかり知っておきましょう。


出会い系サイトの見逃しそうな落とし穴

無料出会い系サイトは、手軽に楽しめて人気がありますが、中には見逃しそうな落とし穴があるサイトもあるので注意した方がよさそうです。

どういうことか少し説明していきますね。

一般に出会い系に限らずネット上のどんなサイトでもそうですが、会員規約や運営のポリシー、管理者の表示や退会解除の仕方などが述べられているはずです。

しかし、システムが曖昧だったりして、登録したはいいが、退会のやり方などや解除ページ等が一切なく、退会したくてもできなくなってしまうことが稀にあるのです。

いくら無料で、他のサイトと同じように中身の機能は一緒でも、このようないい加減なサイトは使いたくないですよね。

もしかしたらメールアドレスを悪用されたりする心配だって出てきますよね。

何か裏があって、わざと解除できないようにしているサイトが実際にあるようですし・・・そんな退会出来ないようなサイトは会員登録者数は多いけど、使ってみたら放置してる人が殆どで活動している人があまりいないかもしれませんね。

キチンとしているサイトほど、面倒な利用規定や規則を沢山表示しており、会員が同意しなければ登録できなかったりします。

すぐに登録できてしまうということは、それだけ安易でいい加減と言えるかもしれません。

ですから、まず登録する前にすみずみを見てみた方が良いです。

会員規約やQ&A、管理者、運営者の名前やアドレスの表記はあるか・・・等は最低限チェックしましょう。

ただ、無料で課金が無いということだけで安心して、安易に登録したりしないようにしましょう。

関連記事

安心して利用ができる出会い系サイト!

出会い系サイトにおける男女の付き合いはサイトに書かれているわけではなく誰かが断言したわけでもありませんが、基本的に自由とされています。

付き合いが自由というのは、必ずしも恋人同士になることを前提としているわけではなく、極端な話、結婚している人の利用をも否定しないといった感覚です。

一回だけ会うような関係をいくつも出会い系サイトに求めるケースもあるでしょう。

その結果、出会い系サイトで始まった男女交際というものは、どこかいかがわしいイメージを与えるものになりつつありました。

そのイメージは比較的真面目な交際を望んでいる女性にとっては出会い系サイトを敬遠してしまう原因とも考えられます。

一方で昔からある結婚相談なるものもサイト化されて信用できる大手企業が運営しています。

これらが大盛況にならなかったのは数十万円とも言われる会費が高額過ぎるからだったのですが、最近では月額制で新人OLでも入会できるサイトが多く人気を呼んでいます。

しかしこうした結婚相談サイトは費用が安くなったとしても、気楽に入会はできません。

出会い系サイトと違って完全な身分証明証と個人情報を申告しなければいけないからです。

もちろん独身でなければ入会の資格はありません。

ここに目をつけたのか出会い系サイトでも結婚や婚活を全面に出した真面目そうなサイトが増えています。

もちろん出会い系サイトですから18歳以上であることさえ示せば身分証明証も個人情報も不要です。

しかし普通の出会い系サイトと違って真面目そうな感じは女性に安心感を与えるようです。


サクラは有料、無料サイト問わず存在する

サクラというのは一般的にサイト側に雇われた人かサイト側の人間が、素人の女性を装って男性会員により多くの利用料を使わせようとする存在です。

ということは、有料サイトにいるはずのものです。

それでは無料出会い系サイトにはサクラはいないか?と言われれば、ある意味では「いる」としか言えないでしょう。

サイト側かどうかは別として、実際に男性と交際を望んでいる女性と偽る存在をサクラとするなら、そういった人は無料出会い系サイトにも数多くいるのが現状です。

無料サイトですから直接利用料を発生させることはできませんが何らかの形で男性会員から金銭を取得しようとしている人たちです。

一番多いのが他の有料サイトへ誘導するために一般女性を装っているパターンでしょう。

こういったサクラが有料サイト運営者本人なのか、雇われているのかはわかりません。

しかし有料サイト側は不正というよりは広告宣伝の一環としてやっているつもりらしいのです。

簡単なものとしては女性会員として男性にメールを送り「私のいつも使っているサイトでお話しない?」と有料サイトのURLを表記しておくものです。

また手の込んだところでは、かなり親しくなって会う寸前という段階で同様の有料サイトに誘うケースもあります。

この場合は親しくなっているだけに行ってしまいそうです。

この有料サイトというのが普通のサイトであれば、さほど問題はありませんが、ほとんどが高額な悪質サイトであると言われています。

やはり無料サイトのサクラも油断はできないということです。

関連記事

婚活目的で出会い系サイトを利用する人たち

結婚の相手を求めている人たちを、出会い系サイトでもこのところよく見かけます。

真剣な気持ちで登録していることがよく伝わってきます。

一昔前は、お見合いという方法が一般的で、利用する人たちも多くいました。

しかし近頃の人たちは、自分にしっくりくるような相手とお付き合いし、結婚したいというビジョンを持っています。

そのため、相手探しは自力で行うという風潮があるようです。

出会い系サイトも、メールのやりとりだけを楽しむ相手や、彼氏彼女を探す人たちが多かったのは一昔前のことです。

最近では、それだけではなく婚活をしようとしている人たちが増えているようです。

携帯電話ですぐに出会いの場に行けるし、費用もかからないという意味では良い方法ですね。

無料サイトに登録している人の中には、いろいろな人がいるということを覚えていた方が良いでしょう。

当たり前の礼儀を持ち合わせていない人に騙されてしまう、といった場合もあるようなので、真剣な気持ちで向き合えば大丈夫とは思わない方が賢明だといえます。

婚活に取り組む気持ちが真剣なら、出会い系サイトと併せて相談所などにも登録するのも一つの手です。

専門の機関に頼むのも、時間を有効につかえるのでおすすめです。

方法はいろいろありますから、自分がどんな出会いを求めているのかを自分自身に確認しながら、前向きに婚活を進めていってほしいと思っています。

職業でわかる!サクラ対策!

どんな職業がいいのか、ということに関しては書きましたが、実際女性が書いたプロフィールの職業をどれくらい信じてるんだろうか。

もしも職業に「キャビアアテンダント」と書いてあったとして、「おおお!キャビアアテンダント!!」と興奮する人がいるのでしょうか。

ですが今まで書いてきましたが、本当のことを書く人も中にはいます。

ですがそれも学生や会社員などのものになってくると思います。

本当に普通の人の職業を表してくるでしょう。

じゃあ男性のほうはどうなんでしょうか?真面目な人はちゃんとはっきりと書いてると思います。

事実を書き、嘘偽りはないと思います。

ですが、男性としても女性を職業で気を引こうという思いを持つ人もいるのでしょうし、嘘を付く人もいるでしょう。

パイロットなどと記入してたら信憑性もありますが、政治家とか弁護士とか経済や地位があると思わせるようなことを書いていれば嘘っぽい気がします。

数年前に調べたいことがあったので女性になりすまして出会い系に入ったとき、男性から送られてくるメールを見て、役員やら公務員やら弁護士やらと偉い人が異様な程多かった記憶があります。

そんなに偉い人ばかり集まるものでもないと思うのですが。

ですが逆に女性は違うことをするでしょう。

例えば、キャビアアテンダントだったらOLと言う方だと思いますし、女医なら会社員というでしょう。

ただでさえ男性がメールをうるさく送ってくるのに、良い職業を書いたらさらにうるさくなることくらい分かってますからね。

目立って人気者になり、毎日メールの嵐になることはあまりうれしくないと女性は考えると思います。

そんな中でも自分の職業を思いっきり表わす女性もいます。

メールにわざわざ「私女医やってます」「キャビアアテンダントですよ」というふうに書いてきます。

それが男性が憧れそうな職種であり、とても怪しい気さえします。

こういう部分を変に出してきていかにも男性を魅了しようという風に見えますし、サクラという誤解を招きます。

確認したわけではないのでどうと言えるわけではないですが職業を強く出してくる女性は色々誘惑してるんじゃないかという危機感を感じてしまい怪しい気がしてきます。

関連記事

ただの「挨拶」や「名前」がとても大事なことなのです!

出会い系サイトに登録している女性は、実際に会ってデートしたり、恋人までの発展を望んでいる女性です。

ということは「この出会い系派」の女性は、メール相手の男性を真剣にチェックしています。

何をチェックしているかと言うと、いずれ彼氏となる可能性のある相手ですから、まず「信頼性」でしょうね。

女性は騙されるということに凄く敏感かもしれません。

デートの約束をして、本当に来るだろうか?安心感がないと、デートの約束も出来ません。

何より、信用のできない男性を彼氏にしようとはまず思いませんよね。

それで、いったい、どこを?何をチェックするのか・・というと、もちろん、嘘をつかないか?自信過剰ではないか?などというところもありますが、まずは「挨拶」です。

「おはよー」や「お疲れ様ー」から始まると思いますが、その前に相手の名前を付けると効果的ですよ。

「かおりちゃん、おはよー」という風に。

逆に、相手からのメールに、こんな風にあなたの名前を使ってもらえたら、かなり脈あり!だと、私は思いますよ。

相手の名前を打つ時は、心がこもった時です。

ちなみに私は、相手の名前だけを、送信した事もありますけど。

気持ち悪いですか?(笑)そして最後には「じゃあ、またね」とか「おやすみなさい」とかね。

挨拶はさりげないことですが、とても安心感が湧き、信頼にも繋がることを覚えておいて下さい。

メールに限らず!ですよね?たかがメール。

たかが挨拶。

たかが名前。

とは思わず、されどメール。

されど名前。

です。


メールで意識していきたいこと

出会い系の連絡方法と言えばやはりメールです。

出会い系サイトに置いてのファーストメールは思っている以上に重要です。

では、何を意識して書けばいいのかを、ご紹介していきます。

何といっても、共通している物から確認です。

住んでいる場所、趣味や血液型なんかも役に立ちますから、当てはまるものは、少しでもメモしておきましょう。

ペットを飼っていて、犬が好きな相手を見つけたとします。

自身も犬を飼っていて、どんな犬種なのかを聞きたいや、こういう話ができる人を探していた、と相手に興味があるように書いておきます。

相手のペットの方にも興味があるように心がけましょう。

食べさせている餌や名前も聞くと良いですね。

自分のペットを言うのは相手が言ってからです。

あくまでも聞き手にまわってください。

ペットの事だけではなんですから、自己紹介もしましょう。

長さとしては、相手のプロフィールと同じくらいにしておきます。

相手とのバランスが取れていれば、聞きたい事も引き出しやすいです。

このくらいまでは良いかなと思う範囲で、多少多めに情報は渡してください。

メールは一方的な物ではありません。

相手の返信で初めて成り立ちます。

相手が返信しやすくするためにも、会いたいや交際の希望は取っておきましょう。

先走りすぎても相手が困りますから、ゆっくり構えてください。

強引に相手に寄らずに、ペットの話が聞きたいなど、相手が振れやすい話題で、少しづつ中を深めていきましょう。

関連記事

Copyright(c) 2014 ちょっとエッチな女性のセクシーなナンパの仕方 All Rights Reserved.